消防設備点検が必要!となったときに、点検業者に依頼すると、
どんな流れで点検が行われるのか?

カワゾエにご依頼いただいた場合ですが、
簡単にまとめますと
・点検前の調整・調査・準備
・消防設備の点検
・点検内容をまとめた報告書の作成
・消防署への報告
・必要であれば修理をする

といった流れになります。

消防設備点検は、防火対象物の管理権限者の方が、
法令に定められた義務として行うものです。

消防用設備は、とても重要で特殊なものなので、
消防法で厳しく規定されています。
点検だけでなく、製造・販売・工事についても同様です。

消防設備の定期点検報告についてですが、
防火対象物(学校、病院、事業所、飲食店など、
消防用設備の設置・維持管理が義務付けられている建物のこと)の
管理権限者の方に義務付けられているのが、
以下の内容です。

    消防用設備がいつでも確実に作動する状態にしておくために
    「消防設備士」または
    「消防設備点検資格者」の資格を持つものに点検させ、
    その結果を定期的に消防署長に報告すること

期間については
・特定防火対象物の場合は1年に1回
・非特定防火対象物においては3年に1回

という規定になっています。